忍者ブログ

洋館好きが家を建てたブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

理想の家4 外観2

外壁といえば、そのほかに石造りやレンガ造りというのもありましたね。
実家のほうの住宅街の中に、今なお人の住まう、黄色いレンガ造りの素敵な洋館がありました。
都会のほうでは、本物のレンガを外側に積んで施工するようなレンガ造りを売りにしているところもあるようです。
このあたりでは無理でしょうけどね…。
まぁ、きっとコストもめっちゃ高いでしょうけれど。
メンテナンスもいらなそうだし、質感も雰囲気もいいし、経年で味わいが出てくるし、魅力的ですけれどね。
そういえば、赤レンガといえば東京駅の改修も完成したようですね。
東京ステーションギャラリーのむき出し赤レンガの壁はあのまま再開されるのでしょうか。
東京駅も、ギャラリーも好きなので、帰省したら見に行きたいところです。

さて、脱線から復帰して…

窓。
外観の中では面積は少ないけれど、きわめて重要なポイントかと思います。
少なくとも、私の中ではトップクラスに譲れないポイントです。

比較的最近に立てられた家は一般的に実際に暮らす内側ほど気にされないのか、
外観における窓のバランスってさほど気にされないようで
てんでばらばらに、いろいろなサイズの窓がいろんな位置についているおうちが多い気がします。
それって、私にとってはかなり許しがたいのです…
古い建物は、大体、窓のついている高さや、窓のサイズ、デザインは同じですし、
それぞれも均等、そうでなくてもバランスのいい位置についているのがほとんどかと思います。
あんな感じ、が、好みです。

そして、窓(サッシ)の素材…
私は由緒正しいようなおうちだけではなく、その辺の古い普通の民家を眺めるのも好きなのですが、
「素敵」「味がある」と思うか、単に「ボロイ」と思うかの分かれ目が、大体サッシです。
つまり、木製か、アルミか。
昔ながらの建具の木製窓と比べたら使い勝手はアルミが良いのでしょうけれど、
それでも、断然木製。というか、アルミの質感が駄目です。
最近だと樹脂サッシが、アルミの欠点を補っていいところ取りという感じのようですが、
樹脂サッシも質感的に駄目…
というわけで、どうにか木製サッシにしたい、というのが希望です。
建具屋さんに作ってもらう?ようなのは見た目的に素敵ですが
やはり、生活の快適さ(機密性や耐久性やメンテナンス性)を考えるなら
輸入物の木製サッシでしょうか。

ちなみに、鉄製サッシも雰囲気があって好きなのですが
これはメリットがまったくなさそう(断熱性もだし、メンテナンスもコストも)なので、
木製サッシがよいかと。

そうなると、ドアも、木製になるのかな。断熱性もきちんとある質感のよいドア、
お高そうですね…
妙にゴージャスなのとかじゃなくて、素朴な感じのドアがいいですね。

以上、外観の希望をまとめると
総二階の四角といったシンプルな形で
ごく普通の、落ち着いた色の屋根
白系の塗り壁等の味のある外壁
バランスよく木製の窓が配置されている
素朴でレトロな感じのおうち

といったところでしょうか。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プラグイン

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

[05/05 Charlesel]
[10/12 ビイネ]
[10/07 ビイネ]
[10/01 ビイネ]
[09/15 ビイネ]

最新TB

プロフィール

HN:
raco
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者カウンター