忍者ブログ

洋館好きが家を建てたブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

理想の家2 見た目概要

洋館好きというくらいなのでやっぱり洋館的な見た目に惹かれます。
本物の古い洋館を手に入れることはかないませんが、
住んでいるうちに年月と共に洋館のように熟成するような
経年が味わいとなるような家が良いな、と思います。
そうした点からすると、見た目の質感がそぐわなかったり
経年で味が出ずに汚らしくなるだけ、更新必須だったりする
新建材を極力排する方向になるかと思います。

洋館といってもさまざまですが、昔は旧岩崎邸のような華やかな洋館も惹かれましたが
「住む」ということを意識し始めたからなのか、それとも単に年を食ったせいか
最近はどんどん素朴でシンプルな方向に好みがシフトしていっている気がします。
岩崎邸よりは、横浜に点在する洋館たちのような。
さらにいえば、そんな観光名所になっているようなところではなく
古くからの住宅地に今も残る、今なお人の住まうような洋館。
もっとつきつめていえば、洋館ではなくて古い木造校舎のような素朴なつくりでも。
「洋館」というより、「昔の(洋式の)建物」といったほうがより正確かもしれません。
昔、というのは明治から昭和初期くらいでしょうか…
海外の古い建物も、もちろん好きなので、
ヨーロッパなどの街中に普通に並んでいるような(邸宅といった感じではない)
家のイメージのほうが、実現しやすい感じかもしれません。

決して奇をてらわない、古典的な「家」
「家」という言葉を記号的に表現するような
三角の屋根、四角い躯体。そうした普遍的な形状が基本イメージです。
具体的に「絶対こう!」というようなピンポイントなイメージがあるというよりは
私の中にあるそうした人まとまりのイメージの中から
実現可能なものをチョイスしていくような形になるのかなぁとおもいます。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プラグイン

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

[05/05 Charlesel]
[10/12 ビイネ]
[10/07 ビイネ]
[10/01 ビイネ]
[09/15 ビイネ]

最新TB

プロフィール

HN:
raco
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者カウンター